女性の人生に勝ち組はあるのか

そもそも人の人生に勝ち組、負け組はあるのでしょうか。あくまで一般的に勝ちと判断するのであれば、男性の場合は仕事を通しての社会的地位などで判断しようと思えばできてしまうイメージがありますが、女性の場合は子どもの有無や配偶者によって生活が大きく変わる事もあり、何をもって勝っていると言うかは意見の分かれるところでしょう。

ところで、勝ち負けと言う言葉を聞くと2003年に著者の酒井順子さんが執筆したエッセイ「負け犬の遠吠え」を連想した人も多いのではないでしょうか。当時の著者と同じように30歳以上の子どもを持たない未婚女性をこう表現する事で、逆説的にエールを送る内容となっています。未婚で自分自身は幸せだと感じていても、周りから結婚や出産について言われ続けたら、余程強靭な精神の持ち主でない限り多少なりとも気になるものです。

しかし、周囲から認められる事を目指して、望んでいない結婚や出産をするのは当然ながら違いますよね。働き方や職種に関しても同じです。そもそもキャリアを積んで報酬を多くもらっていたとしても、専業主婦で子どもに質の高い教育を受けさせていたとしても、それ以外の生き方は全て負け組となるのでしょうか。勝ち組と言う言葉が幸せな人生を指すとしたら、本当に幸せな人が自分と異なる生き方や価値観を持つ人にとやかく言うでしょうか。

メディアやネットでも色んな情報が飛び交う昨今です。他人とつい比べてしまう機会も多いですが、自分の人生は一度きりです。自分が本当にしたい生き方を選んだ女性がいつの時代も勝ち組なのではないでしょうか。