勝ち負けは誰が決めているのか

女性同士、その人を評価する時に勝ち組負け組と言った判断をする事が良くあります。勝ち組とは一般的に、結婚や出産を経て幸せな家庭を得た人を指す事が多いです。結婚相手が収入の良い企業へ勤めているなら、将来の心配もなく、多くの女性から勝ち組決定は間違いないと判断されるかもしれません。しかし、この判断は自分自身の価値観から出されている評価です。幸せは結婚や出産で計られるものではなく、結婚をしなくてもキャリアを掴み、社会的にも貢献している女性は多いです。

女性同士のたわいのない会話の中でも、このような話題を取り上げる事自体が自分の価値観をさらけ出している事になります。他の女性を勝ち負けと判断する場合、必ずしも誰が見ても同じと言う基準はありません。そして、自分が評価している相手から、自分自身が評価されている事も忘れてはいけません。自分の家庭や将来に自信があっても、この話題は注意が必要です。

中には、噂話に相槌を打っていたのに気付けば告げ口されていた、と言う経験を持っている女性も少なくないでしょう。自分では間違っていない事を言っているつもりでも、悪い印象を持たれる場合もあります。夫の職業を聞いて勝ち負けを判断したり、住まいを評価して判断するのは、自分の心だけにしましょう。

楽しい話題だと思っていても、いつの間にか噂話に発展していやがらせを受けるなど、仲間割れの原因になる事も多いです。家庭をランク付けするような話は印象を悪くするので避けましょう。この話題は、聞く人によって心を痛める話題です。勝ち負けを判断する怖さを知る事が求められる傾向にある事を知っておきましょう。